まい【舞】〔動詞「舞う」の連用形から〕

  1. 歌や音曲にあわせて身体・手足を動かすこと。周囲にはやされて動き、巡るあるいは回る動作を主とする。日本の古代から中世への舞踊は舞を中心とし、物語や物まねと結びつく。近世では舞と踊りの区別 はあいまいとなり、江戸の踊りに対して上方の舞という。
  2. 神楽(かぐら)・舞楽・白拍子・延年・曲舞(くせまい)・幸若舞(こうわかまい)・能・地歌舞などの舞踊。また、これらを演じること。
  3. 能・狂言で、謡が入らず囃子(はやし)だけで演じる舞踊部分。舞事。